私たちについて

13323245_10156927585540587_5099398073289

​私たちは

沖縄からこんにちは!

私たちはプムーラゲストコテージのオーナーでコテージと同じ敷地内に住んでいます。史郎は地元沖縄出身でカースティンは南アフリカ出身です。2人の娘とフランキーというとても優しい犬がいます。

プムーラゲストコテージがあるいずみマンゴー園は1988年に設立された家族経営の農園です。

私たちは英語と日本語を話す事ができます。新しい人との出会いも、古い友人と時間を過ごすのも大好きです。地元でできる事、素晴らしい場所などの情報をできるだけ伝えたいのでお気軽にお訊ね下さい。

現在のコロナウイルスにより、ゲストとの関わりが制限されていますが、なんでも遠慮なく質問してください。コテージの外の野外なら快適におしゃべりができます。

Phumulafront.jpg

PHUMULA

夢のコテージをスタート!

台風被害を期に他界した母寛子の夢だったコテージを農園内で始めることにしました。母がいつも言ってました。「この場所は農業をするためだけではなく、疲れた人が休んで元気になり、神さまから創造的なアイディアを受けたり,気持ちを新たにされて、送り出さる場所になってほしい」と。コテージを始めたものの、農作業をしながらのコテージ経営は簡単ではありません。いつでもお客様を迎える事ができるように常にコテージの周りをきれいに管理するよう努めています。

 

コテージの名前 

こだわりがあってコテージの名前を”プムーラゲストコテージ”と名付けました。プムーラとは妻カースティンの母国、南アフリカのズールー族の言葉で”休息”とか”気軽にゆっくり”というような意味があります。どんな方もここに来てリフレッシュされ、休息を得て、送り出されるようにと私たちは願ってるからです。

私があなた方を休ませてあげましょう。マタイ11:28

  • 無料駐車場

  • 無料 Wifi 

  • ​シャワー

  • ​キッチンとキッチン用品

  • ​ランドリーエリア

  • ​リビングエリア

  • テレビ

  • ​エアコン